カードローンの審査って何?審査に通る人と通らない人の違い

手軽だが無条件では借りられない

カードローンは日常の買い物代金や旅行費用など、さまざまな目的に幅広く利用できる便利なローンです。また、アルバイトやパートタイマーでも利用できるという、手軽さも人気の理由となっています。
ただ、言うまでもないことですが、手軽とは言っても誰でも無条件に利用できるわけではありません。利用に際しては審査があり、それにパスした人のみが借入れを行うことができます。
では、具体的に何を審査するのかというと、利用申込者が各カードローン業者の定めている貸出条件に適合しているかどうかについてです。この場合、利用の可否そのものについてと、利用限度額についての審査が同時に行われます。ほどんどのケースでは、身分証明書類や収入証明書類を提出して書面審査を受けるかたちになります。

審査のポイントとなるのは

カードローンの具体的な貸出条件は業者ごとに異なりますが、おおむね共通しているのは「継続的、安定的な収入のある国内居住者」という点です。これ以外の点、たとえば年齢や国籍要件等については、各業者が独自に定めています。
ここで審査に通るか通らないかの分かれ目となるのが、収入の安定性と継続性です。具体的な基準は各業者とも公表していませんが、一般的に言われているところでは勤務先が安定しているかどうか、入社してからどれくらいの期間が経っているか、毎月どれくらいの額を返済に回せるかといった点を総合的に勘案して利用の可否を決定するとされています。
また、他社から借入れを行っているかどうかもポイントとなります。たとえ収入が安定していても、別のローンに対する返済の負担が大きいと見なされた時は、審査に通らないことがあります。

© Copyright Review Of Card Loan. All Rights Reserved.