銀行カードローンのメリットデメリット

銀行カードローンは低金利のメリットが得られる

銀行カードローンのメリットは低金利で、お金を借りられることです。低金利での利用は借入額が大きいほどにメリットがあります。そのため少しだけお金を借りたいという場合よりも、大きな金額を借りたいという場合の方がオススメです。例えば住宅の購入や起業に必要な資金調達で銀行カードローンの利用が効果的と言えます。
返済までの期間が1年以上かかるケースでは、利息が大きいと返済が苦しくなっていきます。そのポイントを考えると、1年以上の利用では消費者金融を利用するよりも、銀行カードローンを利用する方がお得でしょう。具体的な話で言えば、消費者金融の金利と銀行カードローンの金利では3から4%の差があります。この数%の差は大きいです。1年間の利息だけで1万円以上の差がつくケースも考えられます。

無利息サービスがない

銀行カードローンのデメリットは即日融資のハードルが高いことです。即日融資を希望する場合は、特定の銀行口座を持っている必要があり、自動契約機まで足を運ぶことも求められるため、時間の消費が大きいでしょう。即日融資を希望していない場合でも、時間の消費が大きいことに変わりはありません。銀行カードローンは審査の時間が長いです。職業によっては審査が通過するかどうかも分からないため、長い時間待った上に融資を受けられなかったというケースも考えられます。 銀行カードローンは無利息サービスを行っていないというデメリットもあります。初めて利用する人は無利息サービスがないことで利用を躊躇うケースもあるでしょう。少額の融資を受けたい場合は、無利息サービスのある消費者金融で借りる方がお得な場合もあります。

© Copyright Review Of Card Loan. All Rights Reserved.