銀行カードローンとノンバンク系カードローンどちらがいいの?

ノンバンク系の特徴を知る

カードローンは大きく分けて、銀行が提供しているサービスとノンバンクが提供しているローンがあります。ノンバンクは預金業務を行わず、貸付に特化している金融機関で消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などがあげられます。 ノンバンク系を利用するメリットは、対応がスピーディーで即日融資を行う業者が多いということです。急いでお金必要としている時にはとても便利なサービスで、本人に安定した収入があればアルバイトや派遣社員の人も利用することができます。 申込は来店はもちろん、インターネット、電話などに様々な方法が用意されています。 利便性に優れたサービスですが、金利はやや高めとなっており、総量規制の対象となっていますので借入できるのはその人の年収の3分の1までの金額です。

銀行カードローンの特徴

銀行カードローンはその名前の通り、銀行が提供しているカードローンです。銀行のカードローンは総量規制の対象ではありませんので、年収の3分の1を超える金額の融資も受けることが出来ますし、仕事を持たない専業主婦も配偶者に安定した収入があれば利用できることも多くなっています。さらに、ノンバンクよりも低金利です。即日融資に対応している銀行もありますが、審査にはやや時間が掛かるところも少なくありません。申込は来店の他にもインターネットや自動契約機に対応しているところも多くなっています。
返済方法や借入方法には銀行、ノンバンクとも大きな違いはありません。
少額の金額をすぐに用意したい場合はノンバンク、まとまった金額を低金利で借りる場合は銀行など、用途に合わせて使い分けていきましょう。

© Copyright Review Of Card Loan. All Rights Reserved.