ノンバンク系カードローンのメリットデメリット

ノンバンク系のカードローンのメリットとは

ノンバンク系のカードローンのメリットとしては、審査のために掛かる時間が短く、当日の融資が可能なところも多いため、交際費や生活費など様々な用途に利用しやすいことがあります。また、大手の銀行の傘下の消費者金融などが扱っているカードローンは、経営状態が安定していることや、社会的な信頼度が高いことなどから、自営業者やサラリーマンなど様々な職業の人の間でニーズが高まっています。大手の消費者金融などでは、新規の契約者を対象とした無利息融資などのサービスが充実しているノンバンク系のカードローンも増えており、返済中の経済的な負担を軽くすることもできます。最近では、女性や学生などへのサポートが充実しているところも増えており、初めての人も安心です。

ノンバンク系のカードローンのデメリットとは

ノンバンク系のカードローンのデメリットとしては、銀行と比べて貸付金利が高めに設定されていることがあります。そのため、返済期間が長くなるにつれ、利息額の負担が重くなる傾向があるため、経済的な能力にあった金額の融資を受けることが大切です。また、ノンバンク系のカードローンを使って多額の融資を希望する場合には、年収の三分の一以上の金額を借り入れることができないことも頭に入れておく必要があります。その他、ノンバンク系のカードローンを扱っている消費者金融の店舗の数は、銀行よりも少ないこともあり、一人の担当者から継続的なサポートを受けにくいこともあります。そこで、電話相談などのサポートが充実しているノンバンク系のカードローンを探すことが大切です。

© Copyright Review Of Card Loan. All Rights Reserved.